Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルマルウェアでは「ランサムウェア」が活発 - Blue Coat分析

2015年は、モバイル端末を狙う「ランサムウェア」が活発な動きを見せている。米Blue Coat Systemsが分析した。

同社によれば、モバイルを標的としたマルウェアでもっとも活発な動きを見せているのが「ランサムウェア」だったという。スマートフォンの性能が向上するのにともない、この1年に劇的な変化を遂げていると指摘。従来は単なる脅しに過ぎないものも多かったが、実際に暗号化を行う「SimpleLocker」などが登場している。

感染後は、音楽や動画、写真、文書ファイルなどが開けなくなり、Bitcoinなどで身代金の支払いを要求。支払いにタイムリミットを設け、期限を過ぎるとファイルが永遠に開けなくなるなどとして金銭を要求する。

「ランサムウェア」以外には、アドウェアやスパイウェアといった「望ましくないソフトウェア(PUS)」。広告やSNSを通じてインストールされるケースが多いという。

悪意あるサイトへの誘導にアダルトサイトが用いられている。悪意あるサイトへ誘導されたケースのうち、36%がアダルト関連サイトからのアクセスだった。2014年の16.5%から倍増している。さらに悪意ある広告も利用されていた。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験