Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IDカード作成用の個人情報を海外出張で紛失 - 高エネルギー加速器研究機構

高エネルギー加速器研究機構(KEK)の職員が、海外出張中に個人情報を保存した外部記憶メディアを紛失したことがわかった。

ヨーロッパ出張で渡航していた10月18日に、SSDが入ったインナーバックの紛失に気が付いたもの。利用した航空会社や空港の遺失物センターに問い合わせたが、発見されていない。

所在不明となっているSSDには、放射線管理区域カードの作成に使用した職員や大学院生、職員、研究員など5458人の氏名のほか、職員カード作成に関する個人情報2519件、連絡体制表に含まれる個人情報38件など、のべ8015件の個人情報が保存されていた。

同機構では、紛失した放射線管理区域カードのデータを使って、機構の放射線管理区域内に立ち入りできないことを確認。対象となる関係者には事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
メール誤送信で海外メディア記者のメアド流出 - 東京マラソン財団