Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便、マイナンバー通知の配達ミスを公表

日本郵便は、高知県や千葉県の郵便局においてマイナンバー通知の誤配達が発生したことを明らかにした。また青森県では、一時紛失する事故が発生したという。

同社によれば、安芸郵便局において1件の誤配達が発生。10月30日に不在だった受取人から再配達の依頼を受けたが、郵便物が保管されておらず、誤配達へ気が付いたもので、マイナンバーの再発行を依頼した。

流山郵便局では、別人のマイナンバー通知が届いたとの連絡が顧客から10月31日にあり、問題が発覚。未開封だったため、配達しなおした。いずれも配達時に氏名や住所などの確認が甘かったという。

また五所川原郵便局では、マイナンバー通知2通を一時紛失。駐在所へ拾得物として届けられており回収した。汚損や開封がなかったことから、本来の受取人に配達しなおしたという。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定