Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

優先順位を付けて修復する「Symantec ATP」 - SEPの拡張で利用可能

米Symantecは、脅威を検知して優先順位を付与し、その上で修復を行うソリューション「Symantec Advanced Threat Protection」を発表した。2015年末までに市場へ投入する予定。

同ソリューションでは、「Synapse」を利用し、エンドポイントやネットワーク、メールから相互に関連付けて疑わしい活動を収集。

クラウドを利用したサンドボックスおよびペイロードのデトネーションサービスである「Symantec Cynic」により、優先順位を付けて組織への影響が大きいイベントから優先的に対処、攻撃を防御する。

エンドポイントにあらたにエージェントを導入することなく、従来の「Symantec Endpoint Protection」と「Email Security.cloud」を拡張することで利用することが可能。またサードパーティのSIEMに脅威情報を提供することも可能だという。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー