Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション

NRIセキュアテクノロジーズは、特権IDのアクセス管理ソリューション「SecureCube/Access Check」向けオプションサービス「統合ログ管理システム連携オプション」を販売開始した。

「SecureCube/Access Check」は、クライアントとサーバの間に設置し、サーバアクセスやログ保存を一元的に管理できるアクセス管理ソリューション。ゲートウェイ型のため、エージェントをインストールせずに利用できる。

今回、インフォサイエンスのログ管理製品「Logstorage」とのオプションサービスを追加。「SecureCube / Access Check」を経由せずに接続したサーバ機器へのアクセスログを「Logstorage」で収集、連携させることで、双方のログを横断的に検索したり、分析、レポート出力することが可能。

同オプションの料金は、108万円から。別途保守費用が必要。

(Security NEXT - 2015/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
インテック、統合ログ管理製品にブラックリストとの突合機能
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
MOTEX、中小企業向けにセキュリティアプライアンス
ログ管理製品「Splunk」に複数の脆弱性 - アップデートで修正