Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMの一部に別人の個人情報を誤って印字 - 印刷サービス会社

「平安堂」など印鑑や印刷サービスを提供している宣美は、同社が発送したダイレクトメールの一部に宛先とは異なる顧客の個人情報が印字されていたことを明らかにした。

個人情報を誤って記載したのは、10月15日に発送した2016年の年賀状印刷注文用のダイレクトメール。一部において、宛先とは異なる顧客の氏名や住所、電話番号などが印字されていたという。受け取った顧客からの指摘で問題が判明した。

同社では詳しい原因を調べているが、インターネットからの注文と店頭からの注文で、注文番号が重複してしまったことが原因である可能性が高いと説明。対象となる顧客に書面で個別に説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
顧客情報が複数サイト上に投稿、過去の不正アクセスで流出か - ZMP
申込書など顧客情報が店舗で所在不明に - デサント
委託先へ預けた顧客情報入りUSBメモリが所在不明 - 大阪の複合施設
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
家電通販サイト「デンキチWeb」へ不正アクセス - セキュリティコード含むクレカ情報流出
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本