Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、人工知能により不正通信の検知能力を強化

NTTコミュニケーションズは、「WideAngle」のマネージドセキュリティサービス運用基盤において、人工知能の活用により不正通信の検知を強化する。

同社のリスクマネジメントサービス「WideAngle」におけるマネージドセキュリティサービスの運用基盤(SIEM)へ独自に開発した人工知能を組み込むもので、機械学習機能により攻撃者との不正通信をリアルタイムに検知する。

具体的には、人工知能により、マルウェアがドメイン名を自動生成する計算手法「DGA」や、不正サイトのURLが自動生成される特性をリアルタイムに学習。攻撃者との不正通信のみ検知する検出ロジックなどを活用することで、過去のブラックリストにない不正サイトとの通信を検知する。同社によれば、誤検知率は0.5%だという。

同社は今回の機能強化とあわせ、感染端末の確定やネットワークからの隔離、IPSやURLフィルタリングによる即時遮断など総合的なサービスを提供していく。

また顧客ごとにカスタマイズされた攻撃、ボットネットや標的型攻撃に特有の振る舞い、情報詐取の手法などの検知機能についても開発を進めており、2016年春を目処に実装する予定。

(Security NEXT - 2015/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析