Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI研、メモリの暗号鍵を保護する新技術

KDDI研究所は、暗号鍵をメモリ内で安全に保護するソフトウェア技術を開発し、実用化に成功したと発表した。

同技術では、同社が開発した高速ストリーム暗号「KCipher-2」を応用、メモリ上の暗号鍵データについて、分散してダミーを生成。正規利用者以外による鍵データの読み取りを防ぐ。

従来方式の「Oblivious RAM Library v0.1」と比較し、約10倍の高速処理が可能であるとしており、数Kバイトのソフトウェアにより実装することが可能。サーバやスマートフォンのほか、高い処理能力を持たないIoT機器などへも活用できるという。

同技術はすでに、auショップの店頭に設置された機器において、利用者情報の認証に採用するなど、活用をはじめている。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ
マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大