Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国勢調査関係書類を紛失、自転車の荷台から落下 - 相模原市

神奈川県相模原市は、国勢調査の調査員が、個人情報など含む調査関係書類を紛失したと発表した。

9月26日18時ごろ、調査員が調査票を配布した後、自転車の後部荷台に調査関係書類を置いたまま走行。書類は路上が落下し、そのまま紛失したという。翌27日に市へ報告した。

紛失したのは、調査世帯一覧と調査区の地図など書類9枚で、50世帯の世帯主氏名と住所のほか、30世帯については世帯員の数などが記載されていた。同市では対象となる世帯を訪問して説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の関係書類を世帯訪問中に紛失 - 大阪市
世帯情報含む国勢調査の関係書類を紛失 - 大磯町
国勢調査の世帯一覧を訪問先に置き忘れ - 平塚市
国勢調査関係書類を調査員が紛失 - 笠間市
国勢調査、4割弱がネットで回答 - 3件に1件はスマホから
国勢調査員が空き巣被害、関連書類が盗難 - 尼崎市
国勢調査関連書類を職員が泥酔して紛失、2日後回収 - 堺市
国勢調査関係書類の紛失が発生 - 大阪市
国勢調査関係書類が車上荒らしで盗難 - 大阪市