Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - IPAポスターが複数言語に対応

政府は、10月より関係団体やASEAN諸国などと連携し、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」を展開する。

同キャンペーンは、ASEAN諸国などサイバーセキュリティ対策における国際連携の推進を目指すもので、イベントや情報発信などを展開する。

期間中の10月14日、15日には第8回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」がインドネシアのジャカルタにて開催される予定で、状況報告や今後の協力事項なども話し合われる。

同キャンペーンでは、国際連携の一環としてASEAN各国の言語へ翻訳したマンガ冊子を配布。IPAの少女マンガ風ポスターなども啓発活動へ活用していくほか、サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェの開催を通じて国際交流を図る。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」に同キャンペーンのページを用意し、各国のサイバーセキュリティに関するコンテンツを配信。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による動画配信やコラムの掲載など情報発信を行うほか、400件以上の関連行事を予定している。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結