Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園