Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
聖教新聞の通販サイト、クレカ情報流出の可能性 - 詳細は調査中
区画整理事業の建物移転補償に関する書類を紛失 - 川崎市
児童向けイベントの連絡メールで誤送信 - 神戸市
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
顧客情報記載の資料を委託先が紛失 - 中部電力