Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の医療情報含むUSBメモリを紛失 - 堺市立総合医療センター

堺市立総合医療センターにおいて、患者16人の医療情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同センターによれば、論文作成や学会発表用の資料を保存する目的で使用していたUSBメモリを紛失したもの。患者16人の病歴や身体所見、検査結果、治療経過など含む症例要約を保存していたが、8月19日以降の所在がわからないという。

9月2日に警察へ届け出たが発見されていない。今回の紛失について同センターは、医局で紛失した可能性が高いと説明。個人情報が不正利用されたといった報告は寄せられていないという。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府