Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEゼロデイ脆弱性による水飲み場攻撃、香港の教会がターゲットに

米Symantecは、定例外のセキュリティ更新プログラムによって修正された「Internet Explorer」の脆弱性「CVE-2015-2502」を利用した水飲み場攻撃において、教会のウェブサイトが利用されたことを明らかにした。

今回シマンテックが確認したケースでは、香港の教会が運営するウェブサイトを改ざん被害に遭い、不正な「iFrameタグ」を埋め込まれていたという。アクセスすると、ここ3年間アジアを中心に攻撃で使われているバックドア「PlugX」へ感染する状態だった。

「CVE-2015-2502」に関しては、デンマークのHeimdal Securityが「iFrameタグ」を用いたゼロデイ攻撃について公表している。

韓国のIPアドレスでホストされているページを読み込み、マルウェアへ感染させようとするものだったが、シマンテックが確認した教会のサイトも、同じIPアドレスから「iFrameタグ」によりページを読み込んでいた。

マルウェアへ感染すると情報が盗み出されるおそれがあり、シマンテックではセキュリティ更新プログラムの適用や、セキュリティ対策製品の活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性77件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
「Chrome」へのゼロデイ攻撃が明らかに - 早急に最新版へ更新を