Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 8.4.1」がリリース、脆弱性71件を解消 - 国内専門家の報告にも対応

Appleは、同社スマートデバイス向けにアップデート「iOS 8.4.1」をリリースした。71件におよぶ脆弱性に対応しており、国内専門家が報告した脆弱性も複数含まれる。

20150814_ap_001.jpg
71件の脆弱性が修正された「iOS 8.4.1」

今回のアップデートでは、「WebKit」や「Safari」における複数の脆弱性をはじめ、カーネル、画像やフォント処理、コード署名、サンドボックス、Officeビューワなど、あわせて71件の脆弱性を修正した。エンタープライズ向けアプリが、不正に置き換えられる脆弱性「CVE-2015-5770」も含まれる。

また「WebKit」に関しては、「にしむねあ」のハンドルネームで知られるソニーデジタルネットワークアプリケーションズの西村宗晃氏が報告した3件の脆弱性「CVE-2015-3750」「CVE-2015-3751」「CVE-2015-3752」を修正した。

(Security NEXT - 2015/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性
IPAの「安全なウェブサイト運営入門」に脆弱性 - サポート終了のため利用中止を