Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知人を装い電話番号や認証を聞き出す詐欺 - LINEの不正アカウント作成に利用

SNSを通じて友人や知人を装い、携帯電話番号や認証番号を聞き出すフィッシングが発生している。これら情報は、LINEの不正アカウントを作成するために利用されており、LINEでは認証番号を安易に他人へ教えないよう注意を呼びかけている。

20150805_li_001.jpg
攻撃イメージ(画像:LINE)

LINEにおいて、あらたなアカウントを作成する際、電話番号と本人確認用にSMS経由で発行される4ケタの認証番号が必要となることから、知り合いになりすまし、ソーシャルエンジニアリングによって聞き出すケースが発生しているもの。

具体的な攻撃の流れとしては、友人になりすました犯人から、LINEなどSNSやメッセンジャーを通じて、「携帯番号教えて。そしてLINEの確認メッセージを認証してもらえる?」などと連絡。電話番号を教えると、その番号によりLINEのアカウントを作成し、さらに電話番号へ発行された4桁のPINコードを教えるよう求めてくるという。

指示に従って教えてしまうと、相手は手に入れた電話番号と認証番号を悪用して新しいLINEアカウントを作成したり、別のLINEアカウントのログインに利用されるおそれがある。こうしたアカウントは、詐欺行為などに使用される可能性があるほか、あらたなアカウントが作成されたことで、従来のLINEアカウントは使えなくなる。

同社は、「LINEから届く認証番号は、銀行口座や暗証番号、PCやメールのパスワードと同じくらい他人に教えてはいけない重要な情報」と説明。本人しか知らない認証番号については、相手が家族や友人、知人など親しい人であっても、教えないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
GoogleとCWI、同一「SHA-1ハッシュ」持つ2種類のPDFを公開 - 衝突攻撃「SHAttered」を実証
フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ
健保組合向けサービス「KenCoM」に不正ログイン - ポイント不正利用も
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に
2016年4Qのソフトウェア脆弱性は138件 - 家電とルータで30件超
会員向けサイトで不正ログイン、ポイント不正利用も - ポケットカード
印刷通販サイトでクレカなど個人情報が流出か - 「セキュリティコード」や「質問と回答」なども
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社