Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルガーディアンが事業展開を強化 - 制御機器向けソリューションも

デジタルガーディアンは、日本市場における事業展開を強化する。エンドポイント向けソリューションの販売チャネルの拡大するほか、制御機器向けソリューションを展開する。

同社は米Digital Guardianの日本法人として2006年に設立。エージェントを利用したエンドポイント向けデータ保護ソリューションを展開している。

今回あらたにチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズなどで社長経験がある本富顕弘氏が社長へ就任。国内市場向けの事業展開を強化し、グローバル展開をしている製造業への販売に注力するほか、販売チャネルの拡大、技術アライアンスの推進、サービスプロバイダとの連携などを推進する。

また、5月に買収した制御機器向けホワイトリスト型セキュリティソリューション「Savant」の国内市場を開拓し、ATMやPOS、自動車などで組み込み機器や家電向けに展開していく。

(Security NEXT - 2015/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催