Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Darktraceが日本市場に進出 - 自己学習技術を利用した脅威検出

20150731_dt_001.jpg

英Darktraceは、日本市場に対して事業展開を開始した。自己学習テクノロジーを活用したサイバー攻撃対策を提供する。

Darktraceは、2013年に設立された新興企業。ケンブリッジ大学で開発された機械学習と数学理論をベースに脅威をリアルタイムに検出する「Enterprise Immune System」を提供している。プロアクティブなセキュリティ対策への需要が高まっているとして、計画を前倒しし、日本市場へ進出した。

「Enterprise Immune System」では、シグネチャを利用せず、あらゆるユーザーやデバイス、ネットワークの平常時におけるパターンを自動的に学習。異常な挙動から脅威を検出できるという。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
MS、10月より月例更新を単一ロールアップに - セキュリティ更新のみのプログラムも用意
FFRI、コンシューマー向け製品をマイナーバージョンアップ - Windows 10に対応
FFRI、コンシューマー向け製品を市場投入 - 振舞検知や脆弱性保護機能
NEC、米Norseとの提携によりサイバー攻撃情報の収集力を強化
アカマイ、国内にSOC設置 - ProlexicのDDoS対策やWAFなどMSSを展開
NECがセキュリティ事業を強化 - 人員倍増し1200人体制に