Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃への対策状況を診断する公共機関向けサービス

ジャパンシステムは、標的型攻撃への組織の対応力を診断する官公庁、自治体向けサービスを提供開始した。

「標的型攻撃対策力診断」は、最新のサイバー攻撃が組織のクライアントPCまで到達するかチェックし、攻撃状況をレポートするサービス。調査期間は2週間程度で、調査用の機器を設置して未知のマルウェアや脅威、不審な通信の有無について調査する。

同サービスは、標的型攻撃対策ソリューション「FireEye」の導入支援として実施するもので、マクニカネットワークスとの協業により実現。

1回に限りトライアルサービスとして無償で提供する。申込受付は9月30日まで。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス