Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、法人向けメールセキュリティ製品に新版

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server 8.0.1.721」を提供開始した。

同製品は、スパムやマルウェアが添付されていたり、危険なサイトへ誘導するリンクが記載されたメールを遮断するLinuxおよびFreeBSD向けのメールセキュリティソリューション。管理コンソールから複数のメールサーバーの保護ステータスを監視することが可能。

最新版では、コンテンツフィルタリング機能を強化し、添付ファイルの削除に対応した。バックアップした複数のメッセージを一括配信できる。

また「CentOS 7」「Red Hat Enterprise Linux 7」「SUSE Linux Enterprise Server 12」「FreeBSD 9.3」「同10.1」へあらたに対応した。10ユーザーで利用した場合の価格は、3万0132円から。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール