Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、法人向けメールセキュリティ製品に新版

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server 8.0.1.721」を提供開始した。

同製品は、スパムやマルウェアが添付されていたり、危険なサイトへ誘導するリンクが記載されたメールを遮断するLinuxおよびFreeBSD向けのメールセキュリティソリューション。管理コンソールから複数のメールサーバーの保護ステータスを監視することが可能。

最新版では、コンテンツフィルタリング機能を強化し、添付ファイルの削除に対応した。バックアップした複数のメッセージを一括配信できる。

また「CentOS 7」「Red Hat Enterprise Linux 7」「SUSE Linux Enterprise Server 12」「FreeBSD 9.3」「同10.1」へあらたに対応した。10ユーザーで利用した場合の価格は、3万0132円から。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険