Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、法人向けメールセキュリティ製品に新版

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server 8.0.1.721」を提供開始した。

同製品は、スパムやマルウェアが添付されていたり、危険なサイトへ誘導するリンクが記載されたメールを遮断するLinuxおよびFreeBSD向けのメールセキュリティソリューション。管理コンソールから複数のメールサーバーの保護ステータスを監視することが可能。

最新版では、コンテンツフィルタリング機能を強化し、添付ファイルの削除に対応した。バックアップした複数のメッセージを一括配信できる。

また「CentOS 7」「Red Hat Enterprise Linux 7」「SUSE Linux Enterprise Server 12」「FreeBSD 9.3」「同10.1」へあらたに対応した。10ユーザーで利用した場合の価格は、3万0132円から。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK