Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6支店で顧客情報2万件超の紛失が判明 - 近畿労金

近畿労働金庫は、6支店において、顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

全店舗を対象に保管書類の一斉点検を実施したところ、旧支店を含む6支店において紛失が判明したもの。旧堂島支店において「共済還元金リスト」約7100件が所在不明となっているほか、吹田支店で「一斉積立処理依頼書」約6500件、梅田支店で「伝票綴り」約6400件などの紛失が判明した。件数が特定困難なケースもあるという。

紛失した書類は7種類で、含まれる顧客情報は書類によって異なるが、氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、勤務先などが記載されていた。

いずれも、保管期間が終わる前に誤って廃棄した可能性が高いとしている。不正利用に関する報告も寄せられていない。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県