Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホのワンクリック請求やランサムウェアなどの相談目立つ

2015年第1四半期において、セキュリティに関する相談件数が増加している。なかでもスマートフォンの「ワンクリック請求」と「ランサムウェア」に関する相談が急増したという。

情報処理推進機構(IPA)が、2015年第1四半期の不正アクセス届出状況や相談状況をまとめたもの。同四半期に届出があった不正アクセスは30件で、前期の34件から減少。そのうち21件で被害が発生している。

被害の内訳は「なりすまし」が7件と最多だったが、前期の19件からは後退。「不正プログラム埋込」が6件、「その他」4件、「DoS」と「侵入」が各2件と続く。原因を見ると、「古いバージョン使用、パッチ未使用」が8件、「ID、パスワード管理不備」が6件、「設定不備」が2件だった。

同四半期に寄せられた相談件数は3708件で、前期の3311件から12%増となった。「ワンクリック請求」に関する相談は898件で、前期の733件を上回った。そのうち348件がスマートフォン利用者からの相談で、前期の1.6倍と過去最多となった。

また同四半期は「ランサムウェア」に関する相談が急増し、前期の5倍にあたる31件の相談が寄せられた。そのうち実際に感染していたのは27件だった。このほか、「オンラインバンキング」に関する相談が30件寄せられた。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内におけるDevOps時のセキュリティ部門連携、海外より弱い傾向
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意