Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホのワンクリック請求やランサムウェアなどの相談目立つ

2015年第1四半期において、セキュリティに関する相談件数が増加している。なかでもスマートフォンの「ワンクリック請求」と「ランサムウェア」に関する相談が急増したという。

情報処理推進機構(IPA)が、2015年第1四半期の不正アクセス届出状況や相談状況をまとめたもの。同四半期に届出があった不正アクセスは30件で、前期の34件から減少。そのうち21件で被害が発生している。

被害の内訳は「なりすまし」が7件と最多だったが、前期の19件からは後退。「不正プログラム埋込」が6件、「その他」4件、「DoS」と「侵入」が各2件と続く。原因を見ると、「古いバージョン使用、パッチ未使用」が8件、「ID、パスワード管理不備」が6件、「設定不備」が2件だった。

同四半期に寄せられた相談件数は3708件で、前期の3311件から12%増となった。「ワンクリック請求」に関する相談は898件で、前期の733件を上回った。そのうち348件がスマートフォン利用者からの相談で、前期の1.6倍と過去最多となった。

また同四半期は「ランサムウェア」に関する相談が急増し、前期の5倍にあたる31件の相談が寄せられた。そのうち実際に感染していたのは27件だった。このほか、「オンラインバンキング」に関する相談が30件寄せられた。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
「WannaCrypt」のトラブル相談、週明け15日に急増
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も