Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5121社分の顧客情報がネット経由で閲覧可能に - NTTファシリティーズ

NTTファシリティーズは、5121社分の顧客情報と同社従業員413人の個人情報が、外部から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

外部のオンラインストレージにアップロードされ、閲覧可能状態だったことが7月21日に判明したもの。2004年度から2006年度までに同社に発注した5121社分の企業名、支店名、発注案件や発注金額、売上額などと、同社の内部管理情報が閲覧可能だった。さらに翌22日には、従業員のべ413人の個人情報が流出していることもわかったという。

同社ではサイト管理者に情報の削除を依頼。現在は閲覧ができない状態だという。また顧客情報を保存している同社サーバーへの不正アクセスを否定した。対象となる顧客には、個別に説明するなど対応を進めるという。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も