Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qのウイルス検出数は約1.4万件へ増加 - 「Mydoom」が倍増

情報処理推進機構(IPA)は、2015年第2四半期に同機構が受け付けたマルウェアの届出状況を取りまとめた。ウイルス、不正プログラムともに検出数が増加した。

レポートによれば、2015年第2四半期のウイルス検出数は1万3683件で、前四半期の8038件から増加。「Mydoom」が前期の4571件から1万382件に倍増し、全体に占める割合も75.9%と上昇した。また、「Ramnit」が前期の57件から1217件に急増している。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は772件で、前期の937件から減少した。実際に感染被害が発生した届出は2件で、そのうち1件はファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェアによる被害だった。

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、ウイルスの定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出数は8万4483件で、前期の7万4822件を上回った。前期まで増加傾向が続いていた「Backdoor」は前期の4分の1に減少。一方「Downloader」の増加傾向は続いている。

ウイルスと不正プログラムをあわせた9万8166件の検出経路を見ると、これまでの傾向と変わらず、ユーザー自身やマルウェアによってダウンロードされたファイルが7万8806件で約8割を占めた。一方、メールの添付ファイル経由は1万3599件で13.9%だった。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果