Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS定例外パッチで修正された脆弱性、出所はHacking Team - EK悪用へ警戒を

7月21日にマイクロソフトが定例外のセキュリティ更新「MS15-078」を緊急リリースしたが、今回のアップデートで修正された脆弱性が、伊Hacking Teamより流出したものであることがわかった。悪用は確認されていないものの、同社より流出した脆弱性は、次々とエクスプロイトキットで悪用されており、予断を許さない状況だ。

問題の脆弱性「CVE-2015-2426」は、「Adobe Type Managerライブラリ」の「OpenTypeフォントドライバ」に存在する脆弱性。細工されたファイルやウェブサイトを開き、脆弱性が攻撃を受けるとリモートでコードを実行されるおそれがある。

「CVE-2015-2426」は、米Trend Microと米FireEyeを通じて米Microsoftへ報告されたが、米Trend Microが、Hacking Teamから流出したデータの一部に、脆弱性の実証コード(PoC)が含まれていることを明らかにした。脆弱性を悪用した実際の攻撃は確認していないという。

しかしながら、Hacking Teamより流出した「CVE-2015-5119」をはじめとする脆弱性情報は、「Angler」「Nuclear」「Neutrino」「Magnitude」など、エクスプロイトキットによる脆弱性の悪用が進んでいる状況で、「Emdivi」を感染させようとする「水飲み場型攻撃」などへの悪用も確認されている。

今回流出が判明した「CVE-2015-2426」に関しても、「攻撃者が安定的に脆弱性を悪用する可能性がある」とMSでは評価しており、PoCコードも流出していることから、予断を許さない状況となっている。

(Security NEXT - 2015/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
「WinRAR」の脆弱性攻撃が拡大中 - ヒット曲のファイルに偽装
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み