Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CSIRT向け冊子「インシデント対応ガイドライン」を発売

NRIセキュアテクノロジーズは、インシデント対応についてまとめた冊子「インシデント対応ガイドライン」の販売を開始する。A4判70ページで価格は108万円。PDFで提供する。

同製品は、セキュリティインシデントの発生に備え、組織における事前対策や発生時の対応手順、再発防止の行動などを取りまとめた資料。対象となるインシデントは、「マルウェア感染」「DDoS攻撃」「SQLインジェクション」「ウェブ改ざん」「フィッシング」。

同社のノウハウのほか、米国立標準技術研究所(NIST)やSANS Institute、情報処理推進機構(IPA)などの文献を参考に作成した。

読者には、立ち上げて間もない情報セキュリティインシデントチーム(CSIRT)や情報セキュリティ担当者などを想定。チームで利用することにより、対応手順など一定の水準で共有できるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版