Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CSIRT向け冊子「インシデント対応ガイドライン」を発売

NRIセキュアテクノロジーズは、インシデント対応についてまとめた冊子「インシデント対応ガイドライン」の販売を開始する。A4判70ページで価格は108万円。PDFで提供する。

同製品は、セキュリティインシデントの発生に備え、組織における事前対策や発生時の対応手順、再発防止の行動などを取りまとめた資料。対象となるインシデントは、「マルウェア感染」「DDoS攻撃」「SQLインジェクション」「ウェブ改ざん」「フィッシング」。

同社のノウハウのほか、米国立標準技術研究所(NIST)やSANS Institute、情報処理推進機構(IPA)などの文献を参考に作成した。

読者には、立ち上げて間もない情報セキュリティインシデントチーム(CSIRT)や情報セキュリティ担当者などを想定。チームで利用することにより、対応手順など一定の水準で共有できるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開