Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashの緊急更新、Linux向けにも供給開始 - Adobe

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に複数の深刻な脆弱性が見つかった問題で、後日公開するとしていたLinux向けアップデートを提供開始した。

20150717_as_001.jpg
Linux版についても更新を公開したAdobe Systems

今回のアップデートは、イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamの情報漏洩により明らかとなった脆弱性CVE-2015-5122」「CVE-2015-5123」の2件に対応するもの。いずれもコードが公開されている。

米国時間7月14日より「Windows」および「Mac OS X」のほか、Linuxを含む「ブラウザ同梱版」については、アップデートの提供を開始していたが、Linux向けプログラムについては後日公開するとしていた。

Adobe Systemsでは、Linux向けの新版として「同11.2.202.491」を用意。脆弱性の緊急度は、4段階中もっとも高い「クリティカル」。

その一方で、適用優先度に関しては、3段階中もっとも高い「1」とした「Windows」「Mac OS X」に対し、Linux版では、従来より攻撃対象となっていないとし、管理者の判断に委ねるもっとも低い「3」とレーティングした。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明