Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染なく問題なし - 日本郵政が調査結果

日本郵政は、同社内より外部へ意図しない通信を検知したとして調査を進めていたが、マルウェアの感染は確認されず、問題はなかったとの調査結果を発表した。

外部より指摘を受けて調査を行ったところ、事務に利用しているパソコンから意図しない通信が行われていることが6月29日に判明したとして、同社では事態を公表。その後、原因について調査、検証を進めていたが、マルウェアに起因する通信ではなく、問題ないことが判明したという。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応