Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染なく問題なし - 日本郵政が調査結果

日本郵政は、同社内より外部へ意図しない通信を検知したとして調査を進めていたが、マルウェアの感染は確認されず、問題はなかったとの調査結果を発表した。

外部より指摘を受けて調査を行ったところ、事務に利用しているパソコンから意図しない通信が行われていることが6月29日に判明したとして、同社では事態を公表。その後、原因について調査、検証を進めていたが、マルウェアに起因する通信ではなく、問題ないことが判明したという。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
20年前の「Excel 4.0」マクロを悪用する攻撃 - 検知回避が狙いか
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に