Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「投資カレンダー」に不正アクセス、アカウント情報流出の可能性 - 証券ジャパン

証券ジャパンが提供しているオンラインサービス「投資カレンダー」に対して不正アクセスがあり、利用者のメールアドレスが外部へ流出したことがわかった。

同サービスは、経済指標やニュースなどを配信する会員登録制の無料サービス。7月6日13時半ごろに顧客のメールアドレスなどの情報が流出している可能性があることが判明。調査を行ったところ、同サービスに対する不正アクセスの痕跡が見つかったという。

同社では、今回の不正アクセスにより、サービス利用者のメールアドレス最大363人分と、最大39人分のログインパスワードが流出した可能性があるとしており、詳細を調べている。

同社では、対象となる利用者にメールで報告する。また不正アクセスの原因となった脆弱性を修正し、安全性の点検が完了次第、停止中の新規登録とログインを再開するとしている。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構