Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達に使用する個人情報1281件を紛失 - 日本郵便

福島県白河市の白河郵便局において、郵便物の配達に使用する個人情報記載の資料が所在不明となっていることがわかった。

郵便物の配達に使用する居住者情報が記載された資料で、531世帯1281人分の氏名と住所が含まれる。7月6日に紛失が判明した。

同社では、不審な電話や郵便物の送付などがあった場合は、郵便局の窓口か「お客様サービス相談センター」の電話窓口に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」
郵便物放棄でパート従業員が書類送検 - 日本郵便
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化