Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場審査資料を電車内に置き忘れ、5日後回収

日本取引所グループ(JPX)傘下の日本取引所自主規制法人は、従業員が上場審査関連資料を一時紛失したことを明らかにした。

6月26日夜、上場審査担当者が上場審査関連資料を電車内の網棚に置き忘れたもので、資料には、上場審査を行うために提供された企業情報が含まれていた。

紛失した資料は駅の遺失物保管所で一時保管され、30日に警察を経由して資料の所在を確認。7月1日に紛失したすべての資料を回収したという。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定