Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家関与が疑われる東南アジアへの攻撃、2007年から発生か

6月に入りPalo Alto Networksより報告された東南アジアを狙った標的型攻撃「Lotus Blossom」について、トレンドマイクロは、3年前に確認、公表されている攻撃キャンペーンであるとの見解を示した。

攻撃キャンペーン「Operation Lotus Blossom」を報告したPalo Alto Networksによれば、「香港」「台湾」「ベトナム」「フィリピン」「インドネシア」などに対し、3年前から「Elise」を用いた攻撃が展開。東南アジア情勢に強い関心を持つ国家が直接関与するか、資金援助など間接的に関わっている可能性があるとしてレポートを発表した。

これに対しTrend Microは、同社が2013年に発表したレポートで標的型攻撃のキャンペーン「ESILE」「ELISE」として言及しており、以前より認知されている攻撃キャンペーンのひとつであると説明。Wordファイルを用いたメールによる標的型攻撃で、2007年から攻撃が発生しているとの指摘も出ているという。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月