Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪者にもっとも便乗されているヒーローは?

国内では、アメリカンヒーロー映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の封切りが目前だ。こうしたヒーロー人気に便乗した不正行為も多いとして、マカフィーがリスク調査を実施している。

同調査は、インターネット検索において、不正サイトなどへ誘導される「リスクの高いヒーロー」を調べたもの。同社では、著名人についても調査を行っており、その「ヒーロー版」にあたる。

検索サイトでヒットしたウェブサイトの安全性を調べたところ、もっとも危険だったのは、「アクアマン」。20%の確率で危険なサイトに誘導される状況だった。

国内ではあまりなじみのないヒーローだが、マカフィーによれば、1941年に脇役で登場。子どものころに熱狂した世代から若者まで人気を博しているという。

ヒーロー映画やテレビ番組がブームとなっており、人気に便乗して、悪意あるサイトに誘導する手口は多く、注意が必要な状態だという。また若年層への配慮なども求められる。

同社の調査による「最も危険なスーパーヒーロー」のランキングは以下のとおり。

1位:アクアマン
2位:アイアンフィスト
3位:ウルヴァリン
4位:ワンダーウーマン
5位:ドクターストレンジ
6位:デアデビル
7位:インクレディブル・ハルク アイアンマン
8位:キャットウーマン
9位:グリーンランタン
10位:バットマン

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を