Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪者にもっとも便乗されているヒーローは?

国内では、アメリカンヒーロー映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の封切りが目前だ。こうしたヒーロー人気に便乗した不正行為も多いとして、マカフィーがリスク調査を実施している。

同調査は、インターネット検索において、不正サイトなどへ誘導される「リスクの高いヒーロー」を調べたもの。同社では、著名人についても調査を行っており、その「ヒーロー版」にあたる。

検索サイトでヒットしたウェブサイトの安全性を調べたところ、もっとも危険だったのは、「アクアマン」。20%の確率で危険なサイトに誘導される状況だった。

国内ではあまりなじみのないヒーローだが、マカフィーによれば、1941年に脇役で登場。子どものころに熱狂した世代から若者まで人気を博しているという。

ヒーロー映画やテレビ番組がブームとなっており、人気に便乗して、悪意あるサイトに誘導する手口は多く、注意が必要な状態だという。また若年層への配慮なども求められる。

同社の調査による「最も危険なスーパーヒーロー」のランキングは以下のとおり。

1位:アクアマン
2位:アイアンフィスト
3位:ウルヴァリン
4位:ワンダーウーマン
5位:ドクターストレンジ
6位:デアデビル
7位:インクレディブル・ハルク アイアンマン
8位:キャットウーマン
9位:グリーンランタン
10位:バットマン

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
Nintendo Switch人気に便乗、エミュレータに見せかけマルウェアを配布 - YouTubeで宣伝も