Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高電社、機密文書に対応するクラウド翻訳サービス

高電社は、機密文書などにも対応するクラウド翻訳サービス「J-SERVER Office Biz.クラウド」を提供開始した。

同サービスは、39言語に対応したクラウド翻訳サービス。同社が提供するイントラネット向け翻訳支援システムをベースに開発した。SSL暗号化通信をはじめ、24時間監視、バックアップシステムなどセキュリティに配慮したという。

39言語への対応に加え、英語、中国語、韓国語の専門用語辞書を標準で搭載。顧客専用のユーザー辞書や文例を登録できるほか、権限管理により個人や部門別の表示や編集にも対応している。

ファイルを開かずに一括翻訳できる「ファイル翻訳」やOfficeから翻訳できる「Officeアドイン翻訳」なども利用可能。

(Security NEXT - 2015/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか