Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高電社、機密文書に対応するクラウド翻訳サービス

高電社は、機密文書などにも対応するクラウド翻訳サービス「J-SERVER Office Biz.クラウド」を提供開始した。

同サービスは、39言語に対応したクラウド翻訳サービス。同社が提供するイントラネット向け翻訳支援システムをベースに開発した。SSL暗号化通信をはじめ、24時間監視、バックアップシステムなどセキュリティに配慮したという。

39言語への対応に加え、英語、中国語、韓国語の専門用語辞書を標準で搭載。顧客専用のユーザー辞書や文例を登録できるほか、権限管理により個人や部門別の表示や編集にも対応している。

ファイルを開かずに一括翻訳できる「ファイル翻訳」やOfficeから翻訳できる「Officeアドイン翻訳」なども利用可能。

(Security NEXT - 2015/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「Samba 4.0」以降に深刻な脆弱性「Orpheus' Lyre」 - 「Heimdal」実装で影響
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る
翻訳サービスに不正アクセス - 登録者の個人情報が流出か
アカウントロックで脅す「偽Apple」に注意 - メール件名に複数のバリエーション