Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SKYSEA Client View」に新版 - マイナンバー制度への対策支援機能

Skyは、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」の新版を販売開始した。

同製品は、クライアントにおけるソフトウェア資産をはじめ、ログ、デバイスなどをポリシーに従って管理できるソフトウェア。

最新版となる「同10.2」では、業務基幹システムの利用状況を把握できる機能を強化。アプリケーションごとに、アカウントの取り扱いに関するログを取得したり、PCの操作画面を録画できるようになった。

同製品では従来より録画機能など提供しているが、1台単位で導入できるオプションライセンスとして提供し、2016年より開始となるマイナンバー制度の対策支援機能として展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充