Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指定難病の更新案内に別人の個人情報を記載 - 神奈川県

神奈川県は、指定難病の更新案内を対象者へ送った際、128人分の案内書において別の対象者の個人情報を記載していたことを明らかにした。

6月24日、指定難病の更新案内を対象者228人に送付した際、そのうち128人の案内書に、別の更新対象者の個人情報を印字していたというもの。25日、案内を受け取った更新対象者から問い合わせがあり判明した。

誤って印字されていたのは、氏名や居住地、生年月日、受給者番号、指定医療機関の名称と所在地など。以前に更新案内を作成した際に使用したファイルにデータを上書きして、新しい更新案内を作成したが、以前のデータが一部残っていたことから、古いデータがそのまま印字されたという。

同県では、対象者に誤送付した案内書を開封しないよう電話で依頼したうえで、直接訪問して書類を回収している。

(Security NEXT - 2015/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生