Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害相談増える「ランサムウェア」 - 簡単無料の秘策を専門家が伝授

パソコン内部を勝手に暗号化し、復号を交換条件に金銭を要求する「ランサムウェア」の被害が増加している。金銭を支払っても復号できる保証はなく、セキュリティ機関やセキュリティベンダーでは、重要なデータを失う可能性があるとして注意を呼びかけている。

ランサムウェアは、2014年末より日本語へ対応した亜種が登場。国内における被害の拡大が懸念されている。ランサムウェアに関する相談が寄せられているとして、情報処理推進機構(IPA)が注意喚起を行ったばかりだ。

被害を防ぐためには、ランサムウェアの感染を防ぐことはもちろん、感染してしまった場合に備え、データのバックアップすることが重要な対策となる。しかし、これら対策が十分ではないコンシューマーも多い。

やっかいなランサムウェアだが、感染を簡単に防ぐ方法を、サイバーディフェンス研究所の上級分析官である福森大喜氏がエフセキュアブログでアドバイスしている。無料の機能を利用するためコストはかからず、操作もシンプル。

対策とは、Windowsに用意された「保護者による制限」機能を利用する方法。同機能は、本来保護者が、子どもが利用しても良いプログラムを制限するために用意されたものだ。

この機能を用いて実行できるプログラムをあらかじめ許可したものに制限しておくことで、事前に登録されていないランサムウェアが誤って実行されてしまうことを防止する簡易的な対策として活用できるという。

同氏は「CryptoLocker」をはじめ、出回る複数のランサムウェアを用い、実際に実行ファイルやWordファイルにおけるマクロ実行、脆弱性に対する攻撃など、おもな侵入経路を想定し、ランサムウェアの感染を阻止できるか検証。いずれも防ぐことができたとしている。

同氏は、同機能をバイパスする高度な攻撃も可能だが、コンシューマーユーザーにとって気軽に利用できる有効な「裏ワザ」として紹介している。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも