Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年のクライアント仮想化率は25.7%、ソリューション市場は9.5%増の4213億円に

2014年の国内におけるクライアント仮想化導入率は25.7%で、クライアント仮想化ソリューション市場は前年比9.5%増の4213億円となった。

20150605_ij_001.jpg
国内法人向けクライアント仮想化市場導入率予測(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが2014年下半期の実績調査をもとに、国内クライアント仮想化市場について分析を行い、その結果を取りまとめた。2015年以降はBYODや在宅勤務などワークスタイルの変革や仮想化技術の向上が導入を促進し、2019年にはクライアント端末の仮想化導入は48.1%に拡大すると予測している。

導入率の拡大にともない、クライアント仮想化市場も成長が見込む。ソリューション市場は2014年の4213億円から、2019年には8046億円まで拡大すると予測。年間平均成長率は13.8%と算出した。

クライアント仮想化サービス市場については、2019年までの平均成長率は50.3%と高い水準での推移が見込まれ、2019年には市場が1651億円に拡大すると予測。モバイル仮想化ソリューション市場も55.4%の平均成長率で、471億円まで市場が拡大すると見ている。

また2014年のクライアント仮想化ソフトウェアの出荷ライセンス数は、前年比6.2%増の150万8263ライセンスだった。2019年までの平均成長率は6.9%で、2019年には210万9140ライセンスに拡大すると分析している。

(Security NEXT - 2015/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力