Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BYODへの切替で従業員に15万円支給する実験

ネットワンシステムズは、ワークスタイルの変革を目指す実証実験として、従業員に15万円を支給し、会社が貸与する業務用パソコンから、BYODに切り替える取り組みを開始している。

同社ではBYODを推進するため、2014年4月より、会社貸与のパソコンを返却して私物パソコンで業務を行う従業員に対し、月額2000円の支援金を支給。今回、さらに取り組みを強化し、従業員に15万円を支給して、全従業員2300人のパソコンをBYODに切り替えるという。

BYODでは仮想デスクトップ環境を活用。これにより同社では、エンジニアの現地作業などデータ保護が必要な業務のみ会社管理のパソコンで行い、それ以外の端末を削減。新規に購入するパソコンを3年間ゼロに抑えるとしている。

またセキュリティ対策ソフトのコスト削減や、パソコンの運用負荷削減のほか、パソコンを社外に持ち出す際の管理負荷をゼロにすることで、従業員の生産性向上などが見込めるとしている。

(Security NEXT - 2015/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
中規模企業の58%がセキュリティ人材の不足を懸念 - デル調査
小規模企業の約半数でBYOD - セキュリティ対策の甘さ目立つ
NTT東、スマホのBYOD向けにクラウドサービス
NTT西、BYOD向けにアドレス帳をクラウド上で提供
2014年のクライアント仮想化率は25.7%、ソリューション市場は9.5%増の4213億円に
Check Point、iOSとAndroid向けソリューション持つLacoonを買収