Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学援助費受給申請書の一時紛失を公表 - 板橋区

東京都板橋区は、中学校で保護者から提出された「就学援助費受給申請書兼委任状」が、配送過程で所在不明になっていたことを公表した。

同区によれば、中学校で保護者から提出された「平成27年度就学援助費受給申請書兼委任状」を、4月30日に同区の文書交換便で教育委員会に送付したが、その過程で紛失したもの。探索したところ、5月15日に別の中学校へ誤って届いていたことが判明した。書類は同日にすべて回収している。

一時紛失したのは申請書141件で、生徒の氏名や住所、電話番号、学校名のほか、世帯全員の氏名や生年月日、職業、振込先金融機関、生活保護受給の有無など、547人分の個人情報が含まれる。同区では保護者会を開催し、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2015/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市