Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

POSや制御システムを狙った攻撃が増加

2014年はPOSや制御システムを狙った攻撃が増加傾向にあるとの調査をデル・ソフトウェアが取りまとめた。情報共有が進んでおらず、今後機械の老朽化などとともに問題が表面化するおそれもある。

同社が2014年の脅威状況をまとめたもの。同レポートは、200カ国以上に設置された100万個超のセキュリティセンサーや、脅威センターのハニーポットなどから収集したデータや、ユーザーからのフィードバックを分析、まとめている。

2014年は、POSを攻撃するマルウェアが増加。同社が2013年に提供した定義ファイルは3件だったが、2014年は13件に増加した。またPOSを狙うマルウェアは、RAMからクレジットカード情報を盗み出す「メモリスクラッピング」や、ファイアウォールの検知を回避する目的の暗号化など、手法も進化しているという。

(Security NEXT - 2015/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘