Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VM環境が影響を受ける深刻な脆弱性「VENOM」 - 2004年以降存在

今回の脆弱性は、オープンソースであるQEMUのフロッピーディスクコントローラ(FDC)に存在。「Xen」「KVM」「QEMUクライアント」などに影響がある。マイクロソフトの「Hyper-V」および「Bochs」は影響を受けない。

本来サンドボックス内部で動作し、ホストなどへのアクセスは制限されるが、脆弱性を悪用することでゲストOS側から、ホストに対する攻撃が可能となる。多くの仮想マシンがフロッピードライブをデフォルトで利用しているため、広い環境で影響を受けると指摘している。

20150514_cs_003.jpg
攻撃の流れ(画像:CrowdStrike)

これまでもVM環境において特権の昇格が生じる脆弱性は見つかっているが、追加機能が原因となったり、影響を受けるプラットフォームが限られていたが、今回の脆弱性は多くの環境で影響を受ける点など、従来と異なっているとCrowdStrikeは指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正