Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、露政府の関与疑惑がある標的型攻撃で悪用されたゼロデイ脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、ゼロデイ攻撃による悪用が確認されている脆弱性「CVE-2015-1701」に対し、5月の月例セキュリティ更新で修正パッチの提供を開始した。

20150513_ms_001.jpg
5月の月例パッチとして公開した「MS15-051」

問題の「CVE-2015-1701」は、「カーネルモードドライバ」において特権の昇格が生じる脆弱性。同社では、深刻度「重要」の月例パッチ「MS15-051」により、ほかの脆弱性5件とあわせて修正した。

「CVE-2015-1701」は、「Adobe Flash Player」に判明したメモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-3043」と組み合わせた標的型攻撃で悪用が確認されている。

米FireEyeが検知した「RussianDoll作戦」において悪用されたもの。同作戦は、ジョージア(旧グルジア)や西ヨーロッパ諸国などの政府、軍事関連組織、セキュリティ組織などを対象とたもの。

(Security NEXT - 2015/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表