Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩リスク高いユーザーをAIで推測、メール送信を制御

デジタルアーツとUBICは、人工知能技術を活用し、メールによる情報漏洩を未然に防ぐあらたなソリューションの提供にあたり、提携した。

今回の提携により、UBICのメール自動監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」と、デジタルアーツのメールセキュリティ製品「m-FILTER」を連携させたあらたな情報漏洩対策ソリューションを、今夏より提供開始する予定。

新ソリューションでは、UBICのメール分析技術によりユーザーの行動パターンを類推。情報漏洩の可能性がある監査対象者をリスト化する。管理者はリストをもとに、監査対象者のメール送受信を制御することで、漏洩リスクを抑えることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド