Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ProFTPD」に脆弱性 - 任意のコードを実行される可能性も

FTPサーバである「ProFTPD」の一部モジュールに、リモートから任意のファイルをコピーできる脆弱性が存在し、条件によっては任意のコマンドが実行されるおそれもあるとして専門家が注意を呼びかけている。

今回明らかになった「CVE-2015-3306」は、FTPサーバ「ProFTPD」のモジュール「mod_copy」に存在する脆弱性。一部コマンドが権限をもたないクライアントから実行可能となる。FTPにおいてAnonymous用のディレクトリを用意していたり、ウェブサーバの公開ディレクトリに対して、「ProFTPD」が書き込み権限を持つ場合、任意ファイルの内容が漏洩するおそれがある。

さらに、今回の脆弱性について検証を行ったソフトバンク・テクノロジーによると、特定の条件下で脆弱性を悪用することにより、「ProFTPD」の実行権限でリモートから任意のコードを実行可能になるという。

具体的には、「ProFTPD」にウェブサーバの公開ディレクトリに対する書き込み権限が与えられていることに加え、「ProFTPD」のログを読み取ることが可能な場合、任意のコマンドを実行した上で出力結果をブラウザから参照される場合があるとしている。

すでに攻撃コードが流通しており、容易に攻撃を行うことができると指摘。開発版となるが、修正版のソースが公開されているほか、利用環境に応じて対応状況を確認した上で、アップデートを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表