Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで収入が途絶え、業績回復に1年 - ランサム感染で倒産も

ウェブサイトの改ざんやランサムウェアの感染などをきっかけに、小規模企業が大きなダメージを受けることは珍しくないとして、カスペルスキーが事例を紹介している。

同社が事例のひとつとして挙げたのは、宝石販売を手がける東南アジアの小規模企業。倒産は逃れたものの、業績回復に1年を要した。

きっかけは経営者が利用するパソコンへのマルウェア感染。競合からの標的型攻撃だったという。企業のウェブサイトのログインIDとパスワードが盗まれて、サイトの改ざんが発生。訪問者にマルウェアを感染させる状態になった。

サイトを修正してマルウェアを除去したものの、検索エンジンがマルウェア感染サイトとして改ざんされた同社サイトをブラックリストに追加。インデックスから削除されて会社の業績が悪化し、元の状態に戻すまでの間、収入が途絶えて倒産寸前に追い込まれたという。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など