Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qはウイルス検出数が59%減 - 一方でバックドアは増加

情報処理推進機構(IPA)は、2015年第1四半期に同機構が受け付けたマルウェアの届出状況を取りまとめた。検出数全体は減少したが、バックドアの増加が目立っている。

IPAのレポートによれば、2015年第1四半期のウイルス検出数は8038件で、前四半期の1万9820件から59%減。最多は「Mydoom」の4571件で、「Netsky(1715件)」「Mytob(557件)」と続く。前期に最も多く検出された「Mytob」の激減が、検出数全体の減少に影響している。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は937件で、前期の1010件から73件の減少となった。実際に感染被害の発生した届出は、前期と同様なかった。

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、ウイルスの定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出数は7万4822件。前期の8万9722件から17%減少した。ただし、1万6637件ともっとも多く検出されているバックドアに関しては、2014年第2四半期から増加傾向が続いているという。

ウイルスと不正プログラムの検出数の合計8万2860件のうち、メールの添付ファイルとして検出されたものは7855件で、約10%にとどまる。パソコンの利用者やマルウェアによってダウンロードされた件数が6万8933件にのぼり、全体の83%を占めた。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発