Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便、会員サイト「ゆうびんポータル」にOTP導入

日本郵便は、会員向けウェブサイト「ゆうびんポータル」のセキュリティを強化した。パスワードの最低文字数の増やしたほか、メールを利用したワンタイムパスワードを導入したという。

再配達や集荷の申し込み、切手や年賀はがきの購入などに対応する会員向けサービスのセキュリティ強化を実施したもの。ログイン時のパスワードを、従来の6文字以上から8文字以上に変更。

IDとパスワードによる認証後の追加認証としてワンタイムパスワードに対応。ワンタイムパスワード認証を有効化すると、メール経由でワンタイムパスワードを送信する。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に