Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便、会員サイト「ゆうびんポータル」にOTP導入

日本郵便は、会員向けウェブサイト「ゆうびんポータル」のセキュリティを強化した。パスワードの最低文字数の増やしたほか、メールを利用したワンタイムパスワードを導入したという。

再配達や集荷の申し込み、切手や年賀はがきの購入などに対応する会員向けサービスのセキュリティ強化を実施したもの。ログイン時のパスワードを、従来の6文字以上から8文字以上に変更。

IDとパスワードによる認証後の追加認証としてワンタイムパスワードに対応。ワンタイムパスワード認証を有効化すると、メール経由でワンタイムパスワードを送信する。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
正規アプリ起動時に偽画面を最前面に表示、クレカ情報詐取する不正アプリ
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加