Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休眠口座の一部印鑑票が所在不明 - かながわ信金

かながわ信用金庫は、39店舗においてあわせて1153件の印鑑票が所在不明となっていることを公表した。

一定期間入手金が行われていない休眠口座の印鑑票を一部店舗で紛失していることが判明したことから、全店調査で保管状況を実施したところ、39店舗において印鑑票1153件を紛失していることが判明した。

印鑑票には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影などが記載されていた。同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、関連する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 - 山形銀
印鑑届や管理表など休眠口座の関連書類を紛失 - 北陸銀
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀
DMの一部に別人の個人情報を誤って印字 - 印刷サービス会社
43店舗で休眠口座の印鑑届を紛失 - 鳥取銀
134店舗で印鑑票の紛失が判明 - 群馬銀
顧客情報含む書類3800件の紛失が判明 - 岐阜商工信組
休眠口座の印鑑票など紛失 - 伊達信金
福井銀、印鑑届の紛失が判明 - 全店舗で約8000件