Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不具合で特定学生へのメールが全学生に - 中村学園大

中村学園大学および中村学園大学短期大学部は、特定の学生に送信したメールが、全学生に送信される事故が6件発生したことを明らかにした。

同大が3月21日に導入したポータルサイトのメール配信機能に不具合があり、誤送信が発生したもの。特定操作を行って学生にメールを送信すると、全学生にメールが配信される状態だった。

最初の誤送信は4月7日19時半ごろ。原因がわからず、その後複数の誤送信が発生した。システムを一時停止した9日10時までに、あわせて6件が発生していたという。

誤送信されたメールは、実習や宿泊研修に関する連絡メール4件のほか、個人宛ての連絡メール2件だった。同大では、システムの不具合を修正、全学生に謝罪のメールを送信している。

(Security NEXT - 2015/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー