Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年のゼロデイ脆弱性は24件 - ゼロデイ期間が前年比15倍に

脆弱性判明時に修正方法が提供されていない、いわゆる「ゼロデイ脆弱性」のリスクが高まっている。

2014年の脅威動向を取りまとめたシマンテックによれば、2014年に同社が確認した未知の脆弱性は24件で、過去最高件数を記録したという。パッチの公開までに要する時間が長期化する傾向にあり、平均4日だった2013年から、2014年は平均59日へと約15倍に拡大したという。

また2014年は、攻撃対象を絞り込む「スピア型フィッシング攻撃」によるネットワーク侵入が前年比8%増となった。侵入するために使用されたメールは20%減となり、ドライブバイダウンロード攻撃など、ウェブ経由の攻撃が目立っている。

さらにランサムウェアも、前年から113%の増加を記録した。違法コンテンツの罰金に見せかけて金銭を要求する従来の手法から、ファイルを勝手に暗号化し、金銭を支払うよう脅迫するランサムウェアにシフト。「CryptoLocker」による被害は、前年の約45倍へと急増しているという。

(Security NEXT - 2015/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク